AlphaSphere

AlphaSphere nexus(販売完了)

アルファスフィア - Nu-Desine 社製 MIDI / OSC コントローラ -

本製品は販売を完了しました。

AlphaSphere 製品画像

AlphaLiveアーティスト 動作環境 取り扱い店舗 よくある質問FAQ

チュートリアル動画

AlphaSphereとは?

サッカーボールのようなインパクトある形状を持つAlphaSphereは大小48の感圧パッドで構成された全く新しい楽器。パッドを叩くことで音を奏で、圧力を加えると音の変化も可能。ピッチ・ベンド、ボリューム、オシレーション、フィルターなど、音に変化を与えるパラメータもコントロールできるので、ライブパフォーマンスでの表現をより豊かなものにします。

AlphaSphere製品ガイド

AlphaSphere イントロダクション

【AlphaSphere - a musical instrument for now】開発者の アダム・プレイスが自ら機能を紹介します。

img_p_ap_16.jpg

AlphaLive(AlphaSphere 専用ソフトウェア)

専用ソフトAlphaLiveソフトウェアを用いて、AlphaSphereが持つ全てのパラメータをパッド毎に割り当ててることができ、MIDI入力を持つDAWやOSC対応ソフトウェアに接続することができます。ファームウェアとソフトウェアはGNUパブリック・ライセンス上のオープン・ソースですので、ご希望のアプリケーションに合うようにコントローラを変更することができます。

※ AlphaSphere の使用には必ずAlphaLiveが必要です

「このコンセプトはまさに見事としか言いようがない。
多くのシンセやドラム・マシンのややこしい入力や設定などとはほど遠い製品だ。」- Ben Beaumont-Thomas

AlphaSphere

ハードウェアの特徴
AlphaSphere は、USB 接続でコンピュータやシンセサイザーと接続するコントローラ、専用ソフトウェアによってカスタマイズされたMIDI メッセージを送信することができる柔軟なコントローラです。AlphaSphereの形状は、西洋音楽の伝統から脱却する意味合いでデザインされており、音楽技術の進歩と音楽に対するNu-Desine 社の考え方が球体という形で具現化されています。

象徴的なデザイン
AlphaSphereは最新鋭のデザインかつ高品質な造りで、他の楽器やコントローラとは全く異なります。その独自の球体構造は魅力的で頑丈な造りをしており、自然な操作が可能です。球体を包みモザイク上に配置された円形のマトリクスは、デザインの複雑さと単純さのバランスを表現しています。球体の形状は無限を表現しており、このデザインの特徴がAlphaSphereをご使用の全てのユーザー様にインスピレーションを与え、音楽表現をクリエイティブに探求し、切り開いていくことを願っています。

USBバスパワー(外部電源不要)
USBケーブルでコンピュータと接続することで電源が供給されます。

触ってコントロールするインターフェイス

触ってコントロールするインターフェイス

AlphaSphere はパーカッションのように演奏したり、パッドに圧力を加えてサウンドにエフェクトを掛けることも可能です。作曲、音楽制作、パフォーマンスに新しい要素を追加します。

内蔵LED

内蔵LED

パッドを叩いたり触ったりすることで反応するLED ライト・システムは、個々のパッドに圧力を与えたり、同時に複数のパッドを演奏すると、LED はブルーからグリーン、レッドへと変わります。LED に対して独自の機能をプログラムしてみてください。AlphaSphere のファームウェアはGNUパブリック・ライセンスのオープン・ソースで、オンラインでシェアされます。これらのファームウェアにより、AlphaSphere の設定をカスタマイズすることが可能となります。

ノーテーションのアレンジ

ノーテーションのアレンジ

8列のパッドからなるレイアウトは新しいノーテーション構造の世界を探求する可能性を切り開いてくれます。4つのクロマチック・スケールを球体上でプレイすることができ、また個別のスケールは各列でマッピング可能です。例えば、1列に配列されたメジャー・スケールは、全く反対側のパッドを演奏することで、完全五度が作り出され、各配列の中でシンプルなロジックになっています。AlphaSphere を使ってあなただけの全く新しい音楽の言語を発明してください。

AlphaSphere 専用ソフトウェア

AlphaLive

AlphaLive™の機能

AlphaLive™は、直感的な感覚で、自由な創造を可能にするように設計され、開発されました。パッド上でミックスしたり、モー ドや設定をマッチさせることが可能で、機能をカスタム・レイアウトすることができます。AlphaLive™はオープン・ソースで、GNU (General Public License version 2.0) でリリースされています。ソフトウェアは常にアップデートしています。
AlphaSphereユーザー自身がソフトウェアの開発に携わることもできます。

AlphaLiveソフトウェア ダウンロード

AlphaLiveは随時更新されます、最新バージョンはこちらよりダウンロードください。

Ver.1.3.2(最終更新日:2014.11.18)

【Windows版】

Windowsロゴ

32bit

Downloadロゴ

64bit

Downloadロゴ

【Macintosh版】

appleロゴ

OS X

Downloadロゴ

Update 1.3.2 修正内容

言語環境
一部の言語環境に於いて、英語版のみがインストールされてしまう問題を解決。


Update 1.3 新機能

LEDのカスタマイズ
AlphaSphere内蔵のLEDをカスタマイズできるようになりました。AlphaLiveまた は外部MIDIクロックに同期して点滅させたり、カラーや明るさをコントロールで きます。また、MIDI CCメッセージでカラーを変更したり、アニメーション的に 使用することも可能になっています。

MIDIダイナミックチャンネルモード
ポリフォニック・アフタータッチに非対応ソフトウェアでも、直接MIDIパッドで コントロールすることによって各MIDIチャンネルにポリフォニック・モジュレー ションを可能にします。

プレッシャーラッチモード
パッドの圧力値をラッチすることで、AlphaSphereのパッドをダイヤルかスライ ダーとして利用できます。

MIDIクロックに対応
MIDIクロックメッセージを送受信に対応し、DAWやMIDIソフトウェアと同期が可 能になります。

MIDIモード

MIDIモード

MIDI モードによりAlphaSphere はマルチチャンネル、ポリフォニック・アフタータッチMIDI インストゥルメント/ コントローラとして動作可能で、お持ちのDAW、MIDI シーケンサー、ソフトウェア・インストゥルメントへ接続可能です。各パッドはMIDI ノート・メッセージとパッドの圧力によりトリガーされる継続的なMIDI データをトリガーします。デフォルトでは、これはポリフォニック・アフタータッチへ設定されますが、他のタイプの継続的なMIDI データへも設定可能です。MIDIノートは個々にパッドにマッピングが可能で、パッドのグループ上でのスケールやレイアウトとしてもマッピング可能です。

ルーパー・モード

ルーパー・モード

ルーパー・モードはAlphaSphere でのオーディオ・ファイルのトリガーやループ操作を可能にします。独自のオーディオ・サンプルやオーディオ・エフェクトを各パッドへ与えることができ、そのパラメータはパッドに圧力を加えることで、リアルタイムにコントロールすることができます。また、「プレイの状態」は、パッドの操作とオーディオ・ファイルの再生と操作の仕方を決めます。ルーパー・モードでは、パッドは「エクスクルーシブ・チャンネル」にグループ化することができ、オーディオ・サンプルの再生で、同じチャンネルの前に有効であったサンプルを自動的に停止することができます。

シーケンサー・モード

シーケンサー・モード

シーケンサー・モードでは、AlphaSphere をProgressive Sequencer™ として動作させることができます。32ステップのステップ・シーケンサーを使えば、最大8シーケンスまでが各パッドでプログラム可能で、さらにこれはパッドを使ってすぐに切り替え、新しいパターンを生成することが可能です。シーケンサーはオーディオ・ファイルをトリガーすることができ、サウンドのビルトイン・ドラム・バンクを使用することができます。また、シーケンサーはMIDI ノートをトリガーすることができ、これは個々に適用したり、スケールの形式に従って適用することができます。また、シーケンサーには数多くのプリセットが付いています。

OSCアウトプット

OSCアウトプット

パッドは専用のIP アドレスやポート・ナンバーを使ってオープン・サウンド・コントロール・メッセージを送信するように設定することが可能で、ネットワーク上の複数のデバイス/ソースをAlphaSphereでコントロールすることができるようになります。AlphaLive にはグローバル「デュアル・アウトプット」モードがあり、これにより各パッドがオーディオとMIDI 機能へのOSCメッセージを同時に作成することができるようになります。これらの機能は、Max/MSP、Pure Data、Processing、GrandVJ のようなOSC 対応のソフトウェアとのやりとりをするのに最適です。

プロジェクトとプリセット

プロジェクトは搭載された多くのオーディオ・ファイルと共にディレクトリへ保存することができ、プロジェクトはコンピュータ間でシームレスに移行して、編集することができます。各プロジェクトには最大20個のプリセットが含まれ、各プリセットはパッド全体の独自の設定が入っています。プリセットはオーディオを中断することなく、パッドを触ることで切り替え可能ですので、AlphaSphereを使っている最中に新しいサウンドや機能へシームレスにアクセスすることが可能です。

視覚的にわかる

インターフェイス内の各パッドは現在の状態やアクティビティにより外観が変化 します。各パッドが押されると、現在のモードが圧力値と共に表示され、ルー パー・モードやシーケンサー・モードに設定されていると再生状態も表示されます。

アーティスト

Talvin Singh

Urban Asian Underground

img_p_ap_24.jpg

Enter Shikari

Post-hardcore / Electronic

img_p_ap_26.jpg

Materia

House / Future Garage

Materia

Koven

UK Bass / Dubstep

Koven

Gaudi

Dub / Electronica

Gaudi

Resinate

Jungle / Downtempo

Resinate

最低動作環境

Windows(※1) Mac
OS Windows XP SP3 以上 OS X 10.5 以降
CPU クロック周波数2GHz 以上
RAM 1GB以上のメモリ
50MB以上のHD空き領域
(サンプル・ライブラ リをインストールする場合は1GBの追加容量)

(※1) ASIO(推奨)、Direct Sound、WASAPIのオーディオ・ドライバーをサポートお使いのサウンド・ カードがASIOをネイティブ・サポートしない場合、ユニバーサルASIOドライバー「ASIO4ALL」などをご利用ください。

※ 仕様は断りなく変更されることがあります。

AlphaSphere(アルファスフィア)製品概要

製品購入前のご相談窓口

製品の使用方法、
技術的サポートに関する
お問い合わせ窓口

製品概要
サイズ:26cm x 32cm x 26cm(W x H x D)
重量:約2.5kg
価格:OPEN(市場想定税抜価格 ¥112,381 )
内容物:USBケーブル、DVD-ROM、交換用パッド

ユーザーリクエスト

製品に対するご意見やご感想、改善案などございましたら、ぜひ以下の入力欄よりコメントを送信してください。どんな些細なことでもかまいません、ユーザーのみなさんのリクエストをお待ちしています!
※ 頂いたコメントに対しては、お客様に直接返信することができません。
※ 返信や回答が必要なご質問は、問い合わせページよりお問い合わせください。
※リクエストの文字数は最大150文字までです。
つぶやき
facebook
Google+
毎週発行

毎週金曜発行のディリゲントメールマガジン。ホットな話題を毎週お届けしています。ぜひご購読ください!

メールマガジン